認定医とは

認定医制度について

現在日本では、歯科医師資格があれば誰でも「矯正歯科」を標榜することが可能です。しかし、矯正歯科は専門性が高く、的確な治療を施すには高度な知識と豊富な経験が必要です。

日本矯正歯科学会 認定医制度は、矯正歯科医療の水準を維持、向上を図ることにより適切な医療を提供することを目的として1990年に創設されました。

認定医とは

  • 5年以上継続して日本矯正歯科学会会員である者
  • 学会指定の研修機関において5年以上矯正歯科研修を修了した者
  • 学会の認めた学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表した者

上記の審査に合格した者に与えられます。
更新は5年毎に行われ、学術大会への出席や発表、および学術誌における報告を行うことが義務となっています。

ページの先頭へ戻る