製品紹介

Appliances

Lingual Arch 上写真
Lingual Arch
一時的な歯列の保定や、歯を移動するための固定源として使用されます。
Nance Holding Arch 上写真
Nance Holding Arch
大臼歯の近心移動を防ぎ、前歯群を後方に移動させる場合に使用されます。
Quad Helix 上写真
Quad Helix
側方歯を拡大することができます。拡大方向や量を調整でき、力の加減によっては緩除拡大、急速拡大の両方を行うことができます。
Rapid Expansion 上写真
Rapid Expansion
短期間で上顎骨の正中口蓋縫合を離開し、顎骨そのものを広げ、歯列弓を側方に拡大する固定式急速拡大装置です。

Bite Plate 上
Bite Plate
Bite Plate 側面
側面
臼歯を延長させ二次的に前歯部のオーバーバイトを浅くすることができます。
Jumping Plate 上
Jumping Plate
Jumpping Plate 側面
側面
遠心位にある下顎を前進させることができます。

P.B.P(Posterior bite plate)
P.B.P(Posterior bite plate)
可徹式のLingual arch です。MPAと併用する事も可能です。

ページトップへ戻る

Functional Appiliances

Bionator

顎の成長のコントロールを行うと同時に側方にも拡大して、歯の萌出するスペースを確保する装置です。

Bionator 正面
正面
Bionator Arch 裏側
裏側
Bionator 右側
右側
Bionator 左側
左側

FKO

顎の成長のコントロールを行うと同時に側方にも拡大して、歯の萌出するスペースを確保する装置です。

FKO 正面
正面
FKO 裏側
裏側
FKO 右側
右側
FKO 左側
左側

ページトップへ戻る

Retainers

Wraparound(Begg) 上
Wraparound(Begg)
動的矯正治療終了後の保定に用いられ、抜歯スペースの閉鎖の維持や、咬合が緊密でレジン床からでるワイヤーを犬歯の遠心部で舌側に通すことが困難な症例に使用されます。
Hawley 上
Hawley
動的矯正治療終了後の保定に用いられるが、側方歯の頬側移動、大臼歯の遠心移動の保定にも有効で保定専用の装置として使用されます。
Spring Retainer 上
Spring Retainer
個々の歯の軽度の捻転や傾斜の改善を容易に行うことができる。動的矯正治療後の微妙な調整に使用されます。

ページトップへ戻る

Lingual Orthodontics

Lingual Indirect

ブラケットが脱落した場合でも、レジンキャップで再装着できます。

上
Lingual Indirect 側面
コア側面
Lingual Indirect 裏側
コア裏側

ページトップへ戻る