患者様の声

治療開始時 20代 女性 上顎前突

私は25歳の時に舌側で矯正治療を始めました。幼い頃から出っ歯であることにコンプレックスはあったものの、大人になってからは装置が見えることに抵抗があり、すっかり諦めていました。

しかし、舌側矯正という方法を知った時、不安はありましたが、やはりキレイになりたい!心からの笑顔を手に入れたい!という思いが強く、決意しました。

矯正生活がスタートしてからの数日間は、何とも言えない違和感や想像以上の痛みに泣きました。咬み合わせの関係で食事もあまり摂れなく、辛い日々を過ごしました。

そのうち慣れてはくるものの、舌側に装置があるためか、何度も装置がはずれてはつけ直しに行くという繰り返しが続き、ストレスを感じた時期もありました。

そんな中でも、歯が移動し、目に見えて変化が感じられたので、希望を持って頑張ることができました。

治療が終了しきれいな歯並びになってからは、自然な笑顔でいられることにより、自分に自信が持てるようになっていきました。中でも一番嬉しかったことは、語学留学のためイタリアで生活している時、数人のイタリア人に「歯並びきれいだね」とか「笑顔がいいね」と言われたことです。

矯正して本当によかったと心から思えた最高の出来事でした。

宇治矯正歯科クリニックの院長先生、スタッフの方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!!

治療開始時 → 治療終了時
治療開始時 治療終了時
院長のコメント

○○さん、市外からの通院大変でしたよね!大きなインプラントも両側に打って、舌側矯正だったのでちょうどかみ合った時にぶつかるブラケットがあって、よく脱落しました。

そんな中よく負けずに治療を続けてくださいました。僕も○○さんで一番、記憶に残っているのは、ブラケットが外れて直後くらいのイタリア旅行、帰国後すぐに来院してくれて、イタリアでスマイルを褒められたと聞いた時です。

当院のモットー『患者様の喜びが我々スタッフの喜び』を正に体感した瞬間でした。本当にスタッフ全員が嬉しい気持ちになることができました。

これからも、コンプレックスから自慢できるチャーミングポイントに変身した咬み合わせを一緒に大切にしていきましょう!!

患者様の声一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る