認定医・専門医とは

認定医・専門医制度について

現在日本では、歯科医師資格があれば誰でも「矯正歯科」を標榜することが可能です。しかし、矯正歯科は専門性が高く、的確な治療を施すには高度な知識と豊富な経験が必要です。

日本矯正歯科学会 認定医制度は、矯正歯科医療の水準を維持、向上を図ることにより適切な医療を提供することを目的として1990年に創設されました。

認定医とは

  • 5年以上継続して日本矯正歯科学会会員である者
  • 学会指定の研修機関において5年以上矯正歯科研修を修了した者
  • 学会の認めた学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表した者

上記の審査に合格した者に与えられます。
更新は5年毎に行われ、学術大会への出席や発表、および学術誌における報告を行うことが義務となっています。

専門医とは

さらに高いレベルの制度として2006年に創設されました。より高度な臨床技能と学問的知識の向上を目指し、他分野と連携することによって、国民の健康と福祉に貢献することを目的としています。

専門医資格は

  • 認定医資格を有し、10年以上の臨床経験、12年以上日本矯正歯科学会に属する
  • 臨床試験として学会が指定した10症例の提示と試問審査に合格すること
  • さらに学術大会においてこれらの症例報告を行った者に与えられます

専門医:約270人 認定医:約2,650人 日本矯正歯科学会会員:約6,400人

症例の治療結果も極めて厳格に評価されています。更新は5年毎に症例を報告し、審査に合格することが必要となっています。

現在、日本矯正歯科学会の会員数が約6,400人、そのうち約2,650人が日本矯正歯科学会の認定医、さらに専門医資格を有する先生は全国でもわずか約270人、北海道では約20人です。つまり会員の中での専門医の割合はわずか5%、認定医の中でも10%程です。

こうした厳格な専門医制度は、患者さんに優れた矯正治療を提供できるかどうかの目安であり、信頼できる矯正歯科を選ぶためのひとつの基準なのです。

日本矯正歯科学会ホームページ:http://www.jos.gr.jp/

ページの先頭へ戻る