院長略歴

宇治 正光/Masamitsu Uji

略歴
  • 1979年 北海道立札幌南高等学校卒業
  • 1986年 北海道大学歯学部卒業
  • 1986-1996年 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第2講座にて歯科矯正学を専攻
  • 1996年 「宇治矯正歯科クリニック」開院
  • 2007年 「医療法人社団 宇治矯正歯科クリニック」開設
  • 2008年 「宇治矯正歯科クリニック」移転
所属等
  • 歯学博士
  • 日本矯正歯科学会認定医・専門医
  • 北海道矯正歯科学会 会長
  • 札幌矯正歯科医会 顧問
  • 日本臨床矯正歯科医会(社会医療委員会)
  • 日本舌側矯正歯科学会
  • 札幌歯科医師会中央支部(学術担当理事)
  • 日本顎変形症学会会員
  • 日本口蓋裂学会会員
  • Biological Harmonized Orthodontic Treatment study club(東京)
  • Ortho-Club(札幌)理事

僕が矯正医になった理由

宇治先生のイラスト

歯医者という道を選択したのは、親戚に歯医者が多かったことが影響しているのでしょうか。今となってはその辺の記憶がボンヤリしているのですが、北海道大学の広大なキャンパスに憧れが強く、実力で入学できるところという選択だったかもしれません。

北大歯学部3年生の頃に衝撃的な噂が流れました、何と「歯科レーザー治療が開発されて、照射することにより虫歯が消える。すなわち、世の中から歯医者が必要なくなる。」というものでした。それを耳にしてショックでした。『うそでしょ!?』歯学部に入学して歯医者になっても仕事がないのなら、再受験でもしようかなと真剣に悩みました。その後しばらくして、冷静に考えてみると虫歯がなくなるのなら、口腔外科(口腔周囲領域の外科処置をする)か矯正科(歯並びやかみ合せを治す)がいいかなと考えるようになりました(本来、そんなに短絡的なものではなかったのですが)。

4年生で受けた東京医科歯科大学矯正学第二講座黒田敬之教授の学部講義の内容がまさに外科矯正を主とする内容、すなわち、矯正治療で歯の配列を行った後に外科的処置を行うというものでした。東京医科歯科大学矯正学第二講座は、日本で唯一、外科矯正が独立した講座でした。ここしかないと心に決めました。さすがに、同じことを考える人は多く、その振り分けのため、何と入局試験があるのです。国家試験とほぼ時期を同じくして、何とドイツ語、英語、矯正学などを必死に勉強していたのを懐かしく思い出します。

入局してからは、本当に充実した日々でした。素晴らしい先輩・後輩に恵まれたこともありますが、恥ずかしながらあれ程、勉強していて楽しいと思えたのは初めてかもしれません。矯正治療は診断が重要なのですが、個々の患者さんによって症状がすべて違うのです。歯のサイズも、凸凹の状態も、上下顎の大きさも、成長方向も、その他いろいろな条件、時には歯の数さえも異なることがあるのです。これらを様々に組合わせてそれぞれの咬める状態(個性正常咬合)を作り上げるのです。

歯の動きの良い人、悪い人、上下の違い、左右の違い、毎晩遅くまで同期と一緒に勉強しました。あっと言う間に10年が過ぎ、大学に残るような才能はなかったので、開業を考えていた時、父が他界し、母一人だけにでも親孝行をしようと、開業地を札幌に決めました。高校の同級生だった家内の実家も札幌というのも後押しをしてくれました。大通りを開業場所に決めたのは、10年も札幌を離れていたので、頼りにするのは北大の同級生しかいないと考えたからで、札幌市内、道内に点在する同級生から最も紹介して頂きやすいということで決めました。

その後、東京の大学に勤務しながら札幌の開業を準備するのは大変でした。毎週末札幌に帰省しテナントを決め、設計と税理士は高校の同級生にお願いしました。歯医者らしくない柔らかいコンセプトで設計したクリニックです。もう10年も経って、改善したいところは山積みで試行錯誤の繰り返しですが、スタッフにも恵まれ、毎日楽しく診療にあたっています。

こんな私ですがどうぞよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る