スタッフブログ

院長談話の記事一覧

被災地復興への灯火★ホタテキャンドル★

今日はホタテキャンドルをご紹介します。
私自身友人の歯科医師より紹介されたのですが、このキャンドルは、津波被害を受けた南三陸町歌津浜で、震災復興のために販売されている手作りキャンドルです。1個¥1000円で全額、被災した浜の女性達の収入源となります。ご協力できる方は是非お願い致します。
以下は浜の女性達からのメッセージです。
『私達の町、南三陸町は東日本大震災によって壊滅的な被害を受けました。津波にすべて飲み込まれ、町はがれきと化し、今も撤去作業が行われています。
このホタテキャンドルは奇跡的に津波に流されずに残ったホタテ貝を浜の女性達が一枚一枚綺麗に洗浄乾燥後、ろうそくを使用して手作業で心を込めて作成しました。全国の皆様から頂いた善意を胸に復興に向かって頑張ります。ホタテキャンドル(復興の明かり)がみんなの希望の明かりとなることを願っています。』

注文は5個以上からお願いできます。10個につき1個おまけ付きです。
たくさんのご支援をお願い致します。
南三陸町歌津漁協女性部泊浜支部 hotatecandole@gmail.com
TEL0226-36-3405 FAX:0226-36-2301

クレーム

みなさんこんにちは!
 先週の20日木曜日、札幌歯科医師会中央支部学術例会があって「クレームは何故起きる」という題目で、北海道医療管理研究会の石田和男先生のセミナーを聴かせていただきました。
 現代は、情報社会ということもあり、クレームが増加傾向にあるようです。当院でも、アンケートを実施して出来るだけ患者様の声を聞かせていただいておりますが、多種多様なニーズや問題にお答えすることはなかなか大変です。真逆なニーズもあります、単純な例でいうと待合室が暑いと感じる患者様、寒いと感じる患者様、クリーニングの時間が短いと感じる患者様、長すぎると感じる患者様、これはコミュニケーションの不足から起こっているものなんですね。
 以下、学んできたことを箇条書きにしてみます。
クレーム発生時は早急にかつ誠意をもって対処する
クレームは予想された結果と現実の結果の差が原因である
monster patientよりsilent patientの方が怖い、最近ではe-patient(ネット等で調べまくる)が一番怖い
クレームは実際にあってもその約4%の人しか訴えない
クレーマーになると何でも他人のせいにして、自分の責任にしない(虫歯になったのは、指導が良くないから/転んで怪我をしたのは道路が悪いから/保険証をなくしたのはサイズが悪いから、、、、とほほ)
クレームの予兆は患者様をよーく観察することでかなり事前に防げる
 今後も出来るだけ患者様とのコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
院長

新年明けましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます。早いものでもう1月も半ばを過ぎてしまいました。今年もよろしくお願い申し上げます。
 さて、今年は卯年、皆さんは干支をすべて覚えていらっしゃいますか?実は僕もやや曖昧です。ネットで確認しました、子(ね:ねずみ)丑(うし:牛)寅(とら:虎)卯(う:兎)辰(たつ:竜)巳(み:蛇)午(うま:馬)未(ひつじ:羊)申(さる:猿)酉(とり:鳥)戊(いぬ:犬)亥(い:猪)ですね。
 今年は卯年、卯は卵に似ていることもあって、何かが生まれる、何かが始まる年だそうです。ホップ、ステップ、ジャンプのホップにあたる年で、何か新しいことを始めるのに良い年なのだそうです。
 それで、今年は矯正治療を始める方が多いのでしょうか?前向きな姿勢で何かを始めてみるのはとてもいいことですよね。僕も何か新しい取り組みを始めてみようかな?
院長
 

ページの先頭へ戻る